sub_top_flow

flow_01 新規で受入れる場合、または既存職種と異なる職種で技能実習生を受入れる場合の流れです。(既存の企業、既存の職種の場合は入国4ヶ月前の申込みで可能です)

●受入れ企業は当協会所定の加入申込書、求人申込書に記入
●送出し機関による厳正な候補者審査
●企業様、協会職員が現地にて選抜試験実施(代理試験実施も可)

 

◯在留資格認定証明書交付申請(協会⇒入管)新規受入れ企業、新規職種の場合は、告示申請(法務省の審査)が必要

 

 

 

flow_02  

 

 

 

●配属後、協会職員が毎月訪問指導+3ヶ月に1回監査訪問
◯受検申請事前情報(協会⇒JITCO)
◯技能実習2号移行希望申請(協会⇒JITCO)
◯技能検定申込み(協会⇒企業⇒職能会)

flow_03  

◯在留資格変更許可申請(協会⇒入管)

flow_04 ●協会職員が訪問指導+協会役員が3ヶ月に1回監査訪問
flow_05  

 

◯在留期間更新許可申請(協会⇒入管)

flow_06 ●協会職員が訪問指導+協会役員が3ヶ月に1回監査訪問

 

 

 

 

 

 

●帰国時に協会から技能実習生へ記念品、修了証を授与
●帰国時、受入れ企業、協会職員は空港にて見送り
◯帰国報告書提出(協会⇒入管)

(◯:書類手続き ●:訪問、その他)

外国人技能実習生 送出し・受入れ 相関図

diagram_20161014

入会に関する問い合わせ

Copyright© 2016 中国/インドネシア/ベトナム/フィリピン/タイ/スリランカの外国人技能実習生|アジア産協 All Rights Reserved.